アイクス司法書士事務所があなたの借金、不動産登記、商業登記、相続登記などのお悩みを解決します。
P_listアイクス司法書士事務所TOPページP_list相続登記

相続登記について

不幸にもお亡くなりになってしまった方がいる場合、その財産については相続が起こります。
相続と聞くと、土地や建物が手に入る、といったイメージを抱かれるかも知れませんが、実際はプラスの財産だけではなくマイナスの財産も相続によって受け継ぐことになっています。ですので、例えば、お亡くなりになった方が不動産を各地に持っているが、事業もしていたといった場合には注意が必要です。
この場合、相続財産自体を調査し、万一、マイナスの財産が多かった場合には、家庭裁判所へ「相続放棄」の申し出をしなければならない場合もありうるのです。こういった対応をするために、弁護士や司法書士といった専門家が相続財産の調査を行い、速やかに対処法をアドバイスさせて頂いております。

また、財産を受け継ぐ場合でも、土地や建物の場合、相続される方の名義に変更をする登記をしなければ、例えば土地の一部を売ることになった、建物を人に貸すことになった等の場合に不都合が出てきてしまいます。(亡人名義での売買などをして売り渡す場合、どちらにしても一旦相続人の方へ名義を変えなければいけないとされているためです)
こういった場合も、間違いなく登記を実行し、早期に権利関係の確定を図ることは司法書士の役割であり、責任でもあるといえます。もちろん、ご自身で相続登記をされても全く問題ないのですが、相続財産の漏れや見落としを防止するためにも、司法書士にご相談いただくか、登記を前提とした財産調査をお任せいただくことも一つの手段ではあると思われます。
さらに、相続といえば必ずついてまわるのが、「相続税」の悩みです。これは税理士に相談いただき、対応を考えていくのがよろしいかと思いますが、税金面だけでなく、法律面でもサポートをご依頼されることが、結局は相続人の方々が一番安心できる方法ではないかと思っております。

お問い合わせフォーム